南来琉blog

山口市の陶器と織物の工房、南来琉です。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
南国から贈り物

最近いろんな方から美味しいものを頂きます。

昨日は沖縄からマンゴーが届きました。

完熟でとても甘かった♪


熊本まであと数日。

制作は一応終わりましたが

これからは仕上げ&準備が待ってます。

いろんな方の応援を励みに頑張ります。   yu



*南来琉ギャラリーのお知らせ*
7/25〜8/4  : 展示会のためお休み
8/8〜11       : 営業  
8/15〜18   : お盆休み   
8/22〜          : 営業


2013.7.30(火)〜8.4(日)
南来琉「陶・織2人展」
熊本県伝統工芸館2F展示室A
096-324-4930
9:00〜17:00(最終日:15:30まで)

首里城へ

あ〜修理中。

首里城近くの守礼門。


学生の頃に出来た首里城本殿。

当時はピカピカだったけどあちこち修理していました。


この首里城、私は友人と来たことあったけど、しんさんは初!

近くに住んでいると「いつか行ける〜」と思って

行かないもんなんですよね〜(笑)


私たちが行った時は新年の催し物がいろいろ行われていたらしく

丁度、琉装の王様と王妃が本殿から出てきました♪


昔はこうしてみんなの前に登場したんですかね〜


模型。韓国ドラマの一面っぽく見えますね。


玉座。首里城ができたばかりの時に入ったときは漆の匂いが強かったけど

今はほんのり香る程度に変わっていました。

沖縄は日本だけど日本じゃない。

文化の違いを首里城を見るだけでも感じますね。


これで7年ぶりの沖縄紀行は終了です。

今回の旅行の本当の目的は違ったのですけど

色んなところに行けて楽しかったです。


短時間だったけど、友人・先輩・お世話になった方々

長年住んだ宜野湾の家のご近所さんなど、

いろんな方々に会えました。

といっても会えなかった人のほうが多かったですけど。。。

またいつか行きたいな。というか行くぞ〜!      yu







兄弟たちに会いに首里に行く
08-12-06_12-26~00.jpg
南来琉の看板犬?!の漆喰シーサー。

結婚のお祝いとしてしんさんの友人から頂いたもの。 

風雨にさらされかなり年期が入っています。


今回沖縄でこのシーサーの兄弟たちに会いに行きました。

シーサーの作者Oさんの工房兼ご自宅の入口。

壁一面に沖縄の植物。とってもキレイでした♪


工房の中に入ると・・・

Oさん作の漆喰シーサーたちがいっぱい!

南来琉のシーサーも初めはこんなにキレイでした。


外に出ると色んなシーサーが。

Oさんの本来のお仕事は琉球赤瓦の左官職人。

沖縄の赤瓦とシーサーがキレイに置かれています。


あちこちにシーサー・シーサー・シーサー。


Oさんのおじい様(初代)が作ったシーサーもありました。


南来琉にも今までいろんな方がシーサーを作りに来てくれました。

シーサーは作る人によって色んな表情があり見るだけでも楽しいですね。


沖縄の守り神シーサー。

これからも色んなお家を守ってくれるでしょう〜。    yu

変わりように・・・
沖縄ネタ、まだまだ続きますよ~(笑)

3日目は石垣から那覇へ移動。

那覇は私たちが居た頃とは全然景色が変わって

空港出たときからもうビックリ。


知ってるレンタカー会社に行くのにドンドン南下し

どこに行くのだ?とちょっと不安になったのです。

会社は開発途中の商業地域に移動しており

あちこち道やお店が出来たりして

あまりの変わりように浦島太郎気分でした(笑)


気を取り直し宿泊するホテルに向かうも

よく知ってるはずの国際通りに大きな横道ができ

これまた迷いそうに〜(笑)

沖縄の開発は凄かったです!



さて、写真は那覇の国際通りから少し入ったところにある

[tituti]というショップ。

私たちの友人や沖縄の作家さんたちが運営しています。


イラスト・木工・ガラス・陶芸・染物・織物などがあります。

沖縄ならではのデザインから新しいものまで色とりどり。

沖縄旅行で国際通りに行かれたら是非立ち寄ってみて下さいね。    yu
バンナ公園の昆虫館

石垣のバンナ公園に世界の昆虫館があります。

ここには世界の昆虫と沖縄にいる昆虫の標本がたくさんありました。


会場には標本だけでなく生きた昆虫も少しいましたが

その中に・・・

ヨナグニサン(山繭ガ)の蛹(繭)がありました。

図鑑では見たことありましたが生きた蛹は初でした♪


ヨナグニサンは天然記念物なので許可を取って

幼虫を譲り受けここで育てているそうです。

繭から金色の糸が出てるのわかりますか?


幼虫は苦手ですが繭は本当に貴重で感激しました。

成虫は3月頃孵化する予定だそうです。


ここにも金色の蛹がありました。

透けてるものは孵化した後なので中身はいませんが


金色の蛹の中には虫が入っています。

本当にキレイでした。


昆虫大好きな方は石垣島に行くことがあったら

是非この昆虫館に行ってみて下さいね。    

それではまた〜。            yu
観光化されて

由布島から竹富島着。

石垣・西表・竹富は約20年ぶりだったけど

竹富島の観光化が進んでてビックリでした。


水牛車で観光している集落の中で普通に生活している島の人々。

騒がしくって「ちょっとごめんなさい」っていう気持ちになりました。


竹富島の石垣は昔ながらのサンゴ製。

その隙間から多肉植物がニョキニョキ。

ところどころ、ドラゴンフルーツの葉もありました。

夏じゃないので花も実も付いてませんでした~。


島のcafeでちょっと一息。

紅芋のムーチー(お餅)とサータアンダギー(砂糖天ぷら)。


紅芋パフェ。

今回1日に何回アイスを食べたかなぁ〜♪

それでは続きはまた〜。         yu


続続・7年ぶりの沖縄

元旦に西表→由布島→竹富島に行きました。

今回も前日船が欠航だったそうですが

私たちが行った時は風もなくとても暑かったです。


写真はさとうきび畑。

ちょうど花が咲いていました。

きび刈りの始まっている畑もありましたよ。


西表でははじめに川下りをしました。


中央に八重山椰子の群生林があるのわかりますか?


これだけの椰子が集まっているのはとても珍しいそうです。   (sa-camera)


川下りの後は、水牛で由布島に渡りました。

ちょうど干潮で水面に牛車が〜。


由布島のちょうちょう園でオオゴマダラ発見。


オオゴマダラの蛹は金色。

成虫は本島でも飛んでいたので見たことありましたが

蛹は初でした。とてもキレイでしたよ。


ちょうど孵化した蝶がいました。

羽が乾くと飛び立ちます。


私たち家族は沖縄で色んな蝶を見てから昆虫に興味がわくようになりました。
(しんさんは除く:彼は子どもの頃に虫採り少年でした(笑)

オオゴマダラは優雅にゆっくり飛ぶので美しい〜。

それでは、続きはまた〜。             yu

続・7年ぶりの沖縄
石垣島の続き。

川平湾でグラスボートに乗りました。

前日は強風で欠航だったそうですが

私たちの行った日は少し風がありましたが無事出航。


カメラを覗きながらの撮影は酔ってしまうので

あまり写真がありませんでしたが魚が多かったのを1枚。

私たちの前に乗った人達はウミガメを見たそうですが〜

残念ながら私たちは見れませんでした。

でもいろんな種類の魚を見ることができ楽しめました♪

続きはまた。                yu

約7年ぶりに
年末年始、久々に沖縄に行きました。



初日は石垣島。

ここはしんさんの後輩の農園&陶芸工房。


ここからの眺めはとても良かったです。

夏の方がもっといいかも。


農園には果樹園があり

夏は生のフルーツが食べれます。

冬はジュースがありました。


裏にはビーチがありましたが・・・

写真は無しですm(_ _)m


これは・・・サンゴからキノコ?!

何だったのか今も謎です。

沖縄探訪つづく。          yu


金ぴか
昨日西表島に行っていた母が帰ってきました。


ke に〜と変わったお土産をくれました。


私たちも初めて見ました。


それがこちら・・・






(虫の嫌いな方はご注意下さい)










拾ってきたもの頂いたキンカメムシの抜け殻。

カメムシって蛹にはならず、脱皮して成虫になるらしいです。


これを見た直後 keは「お〜!」と感動してましたが

カメムシと聞いて引いてました(笑)

薬の瓶にいっぱい入っていましたよ(笑)


ナナイロキンカメムシかミヤコキンカメムシか

名前がはっきりと解らなかったけれど

匂いもなくきれいな金ぴかでした。         yu